〒224-8503 横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1

TEL:045-949-7000

Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 麻酔科. All Rights Reserved.

メッセージ

MASSAGES FROM OURS

命の危機が迫った患者さんを
助ける技術が学べます。

助教 荘田 博朗

昭和大学卒業
全身管理できることは大きな自信になる

私は入局先を決める際に、最終的に内科か麻酔科で迷いました。麻酔科を選んだ理由は、全身管理ができることは、もし将来的に他科に進むことになっても自信になると考えたからです。術中の患者さんは循環動態が抑制された状態で麻酔科医が全身管理を行うわけですが、その知識や技術は、命の危機が迫った患者さんを助ける知識・技術でもあり、麻酔科で学ぶことで緊急時に対応できる医師になれると思いました。先日、趣味で参加したマラソンで倒れている方がいたのですが、その時もルート確保など自信をもってできたのは日頃から手技が多い麻酔科だからかな、と思います。

当院の麻酔科に決めた理由は、先輩・後輩から雰囲気が良いと評判だったからです。ベテランの先生方も皆さん気さくで話しやすく、和気あいあいとした居心地のよい医局です。心臓外科の症例もたくさんありますし、学会などで末梢神経ブロックのインストラクターをされている先生もいて、修練の場としてとても恵まれた環境だと思います。

安全な麻酔プラスαを目指して

麻酔科医の評価基準は多数あり、日々学ぶことばかりです。硬膜外麻酔や中心静脈カテーテル、末梢神経ブロックなど、自分の手技で患者さんから「痛くない」と言われた時はうれしいですね。また、術中のショックや不整脈など緊急事態に直面した時に、瞬時に判断し、無事に対応できた時のやりがいは大きいです。その他にも、術後いかにバイタルを安定させることができるか、迅速かつ安全に手術室の進行を滞りなく行えるか、など麻酔科医の腕の見せ所はたくさんあります。ただ麻酔をかけるのではなく「先生の麻酔は術後安定している」とか「先生の導入は早い」など、プラスαの評価がもらえるよう一つひとつのスキルを高めていきたいと思います。

​メッセージ一覧

ALL MASSAGES

助教 荘田 博朗

医局長 坂本 篤紀

​兼任講師 藤井 智子

​講師 橋本 徳